FX Professional Trading|相場を本質的に理解できる!最高のトレードテクニック!(岩永 裕二)

FX Professional Trading

FX Professional Trading(岩永 裕二)

《内容》相場を本質的に理解できる!最高のトレードテクニック!

■正確なトレードテクニックを身に付けるための教材■
「FX Professional Trading」(以下、本教材)は、FXトレーディングで勝ち続けるための総合的なトレードテクニックを身に付けることができる教材です。相場の基本となる考え方から実践的なトレード手法、メンタルの重要性、独自のリスク管理方法などについて幅広く解説してあります。
FXに関する情報はその辺に多く散らばっているものの、それらの情報だけでFXで利益を上げ続けることはなかなか難しいのが現状です。本教材はそういった状況を打開し、本質的に相場を理解することを目的として作られました。
本教材のシンプルかつ、体系的にまとめあげられたトレードテクニックは、読者の皆様の損失の改善や利益のさらなる拡大に大きく貢献することができると確信しています。
■FX Professional Trading の特徴■
本教材では具体的なエントリーから決済までのタイミングはもちろん、一般的におろそかにされがちな「メンタル」や「リスク」の重要性、管理方法についても細かく解説してあることが特徴です。
トレードテクニックの中でも、こういった「メンタル」や「リスク」管理に重点を置くような教材は珍しいように思いますが、この部分を語らずしてトレードテクニックを語ることはできません。どれだけ優れたトレードテクニックを持っていようとも、この部分をおろそかにすればいつか確実に資金を減らすことになると筆者は考えているためです。ただがむしゃらに、勝つためだけの手法を追い求めることがどれだけ無意味であるかを、きっと理解していただけるでしょう。
また、トレードテクニックや相場の考え方については、以下のようなものを身につけることができます。
① トレンド(相場の流れ)を定義することによる、
スッキリとした相場観
まずは「トレンド」に自然にのれるようになりましょう。今まで相場の流れを何となく見ていませんでしたか?ちゃんとした基準をもって見れば、これほどまでにトレンド(相場の流れ)がスッキリと見えてくるのかと、きっと感じてもらえると思います。
これまで「今はこのトレンドだから…」と、勝手に思い込んでトレードした結果損失に悩んでいた方や、「ドルが今は安いから…」といった理由で安易にトレードしていた方などには、衝撃を与えるかもしれません。なぜなら、この考え方が身に付けば、基本的に相場は「ある基準に従って流れていること」が理解できるからです。
数年前の強烈な円高も、見方を変えれば何も特別な状況ではありませんでした。知識のない人はただ恐いと考えたと思いますが、知識のある人にとっては「稼ぎ時」だったわけですね。本教材の考え方を身に付ければ「通常の相場の流れの中で、たまにファンダメンタル的なイレギュラーな動きが起こる」という相場の意識に変わっていきます。より素直にトレンドにのれるようになるわけです。
② 優位性のある(リスクを最大限に抑えることのできる)トレード手法
メンタルや資金管理などが大切とは言いつつも、やはりトレード手法は大切です。成功確率の高いポイントを知っている人とそうでない人では、被る可能性のある損失に大きな差が出てくるのは明らかですね。本教材では汎用性の高い具体的なトレード手法を解説しています。本来トレードポイントは、1日に3回もあればいいほうなのです。極限までリスクを抑えつけることのできるトレードポイントを選び出す力こそが、本当に必要な実力であると考えています。①のトレンドの話と合わせて、「なぜ多くのトレードを行うことが不利になってしまうのか」などについても、ご理解いただけると思います。
③ 「なぜ」このような手法や考え方になるのかといった明確な理由
はっきりと申し上げますが、ただ精度の高いトレード手法を追い求めることだけで、FXで稼ぐことは難しいでしょう。なぜならトレードでは「自分で状況を考えて判断する」ことを、必ず要求されるからです。相場は教科書通りに動いてくれることは滅多にありません。
人や機械の力によるシグナル配信などに頼っていても、無駄な損失はなかなか削られないでしょう。「なぜここでポジションを入れるのか?」「なぜここで相場はこう動くのか?」といった理由をしっかり理解することで、その場その場で対応できる判断力が身に付きます。そうしてはじめて、本当の意味でトレードの損益などが改善されてくるのです。
④ トレードで勝ち続けるための、本当に大切な考え方
もし今、ただ単に勝つためだけの手法を求めている方がいらっしゃるなら、少し考えてみてほしいと思います。
「勝つ」とはどういうことを言っているのでしょうか?例えば一つのトレードにおいて、1000円の利益も10000円の利益も同じ「勝つ」ということになるのでしょうか?実際はこの二つは大きな違いがあります。このように考えるとそもそも「勝つ」という考え方自体が、意味をなくしてくるような気がしませんか?また、月間の収益がプラスかどうかということのほうが、もっと重要であることも忘れてはいけません。「勝つ」ではなく「勝ち続ける」ことの意味や、そのためにはトレード手法だけでなくどういった考え方を身に付ければいいのか、こういった本質的な内容を深く解説しています。知らないことがいかにリスクの高いことを理解していただけます。
⑤ 潜在的な(メンタル的な)リスクの認識
筆者の経験なども踏まえながら、トレードにおける「危険な心理状態」について解説しています。中には同じ状況の方もいらっしゃるかもしれませんね。「こういったメンタル的なリスクがあるのか」ときっと理解していただけるでしょう。大部分の人は、こういったリスクに関し自覚がない場合が多いです。しかし、これらはトレーダーにとって重大なリスクであり、「トレード手法のみでは勝ち続けることが困難であること」の大きな理由になります。本教材ではしつこいほどに触れていますが、見て見ぬフリをしてはいけないものなのです。
■以下に参考として、各章に分けて本教材の具体的な内容を紹介します■
-1章トレードテクニックを学ぶ-
本書の中心となる部分です。相場と向き合うスタンス、チャートの設定などの基本事項からボリンジャーバンドを中心としたトレードテクニックや、どうすればリスクを極限まで減らすことができるのかといったことを解説しています。図を多用し、イメージとして理解しやすいように工夫してあります。トレンドの定義と相場の流れのとらえ方を本質的に考えることで、相場に対する判断力を養い、より正確なトレードを行う実力を身につけることを目的としています。決済に関しても細かく解説を施してあるのも特徴です。この章を読むだけでも、ご自身のトレードへいい効果を与えることができるでしょう。
-2章 実践トレードへの応用-
1章で学んだことを元に、実践の相場を参考として状況に応じた考え方や対応の仕方を解説していきます。基本のパターンから複雑な状況の考え方まで、実際の相場ではどのようにトレードを進めていけばよいかが理解できます。今現在動いている相場と、照らし合わせながら読んでみてください。周りにあふれている情報と現実の違いを認識することで、「どのように相場を考えていけばよいか」といったことを理解していただけます。汎用性の高い本教材ならではの考え方を応用した、分割によるポジションの効率的な入れ方や、経済指標時の対応方法なども解説してあります。
-総合的な知識、考え方-
トレードを行う上で常に意識していただきたい考え方をまとめてあります。トレードテクニックやメンタル、資金管理などはどれかひとつでも欠けてはいけません。すべては密接に関連し合っているからです。それはなぜなのか?といった内容を中心として、それぞれのポイントとなる考え方を解説しています。素直にトレンドにのるだけなのに、なぜできないのか?恐がってポジションを入れ逃したことはありませんか?こいった内容に触れています。FXで利益を上げ続けるためには、具体的なトレード手法を身に付けることももちろん大切ですが、それ以上に「自分自身を理解すること」のほうがよっぽど重要なのです。テクニカル面の話では「日足」のローソクの非常に重要な考え方など、参考にできる知識を紹介しています。
■初心者の方、損失を改善したい方へ■
FXは市場参加者の9割以上が負けている(結果的に資産を増やすことができていない)世界であるといわれています。皆様が目指している目標金額はひとまず置いておき、なぜこのようなデータが出ているのかということを真剣に考えてみることは、非常に大切なことです。
初心者の方は、まず真剣に取り組むことです。甘い世界ではないという認識を持つことが大切です。
現在損失に悩み、なんとか改善したいと考えている方は「なぜこのように負け続けているのか?」について考えてみてください。こういった状況には様々な段階があるのですが、大部分の方はその原因にすら気づけていない状態です。
自分一人では、ただ優秀な手法をいつまでも探し続けることしかできないでしょう。FXで勝ち続けるために必要なものはそのようなことではありません。FXに経験年数という言葉はあまり意味がなく、「きっかけをいつ掴むか」といった違いが、大切であるような気がします。初心者の方と損失に悩んでいる方にこういったきっかけを与えることは、本教材の重要な役目であると考えています。
■曖昧な理解は危険である■
ここで「トレンド」という言葉について考えてみてください。
「トレンドにのることは重要である」とはよく知られている事実だと思いますが、では「そのトレンドの基準は?」と聞かれて、答えることはできるでしょうか?もちろんその答え(考え方)は人それぞれでいいと思いますが、はっきりとした基準を持たずに、何となくトレンドにのったと思いながらトレードを行っているとしたら、極めて危険な行為であるといえるのです。同様に「損切りは重要」、「資金管理は重要」などいろいろありますね。こういったリスクを排除し、曖昧な理解にしっかりとした基準を与えることが、本教材の目標とするところなのです。
その他に、次のことについても考えてみてください。
相場は読まなければいけない。でも当てにいってはいけない?
相場に負けているのか?自分自身に負けているのか?
これらの言葉の意味が理解できますでしょうか?どちらも理解しておくことが極めて重要であると考えられるものです。
最終的に行き着く内容はメンタルやリスク管理といった話になるのですが、この矛盾した言葉の説明ができますでしょうか?こういった解説を進めていくのも本教材の特徴といえます。
■FXで利益を上げ続けるために■
「FXでお金を稼ぐことができたなら―」
将来のため、夢のために多くの人がこのような気持ちを抱いていると思います。動機や目標は人それぞれであり、FXがそのための可能性を秘めていることは間違いのない事実です。
しかし、同時に大きなリスクを秘めていることも事実なのです。多くの人が結果的に相場から去っていきます。目先のテクニックにとらわれず、こういった事実から目をそらさずに真剣に仕事として取り組んでほしいと思っています。
そのリスクを追求し、どうすれば私たちの資金を守りながら増やせるのか。これこそが本教材の究極の課題であり、そのために詰め込める情報はすべて詰め込みました。
実際に相場と向き合い、トレードを行っていくのは皆様ご自身です。相場の世界が厳しい世界であることを認識し、それでも相場に挑み続ける人にとって、本教材はきっと大きな助けになるはずです。
■特典として2013年3月までの期間限定で、購入者の方全員にプレゼントしてます!!■
応用テクニック「MACD×Stochastics」
本教材と相性のいい「MACD」と「ストキャスティクス」をトレードに応用させる技術を紹介しています。
目標のために努力を続ける皆様の力になれることを
心より祈っています。
ご購入よろしくお願いいたします。

商品区分:ダウンロード販売

発行者名:岩永 裕二

▼いますぐチェック!▼

FX Professional Tradingの公式ページへ

管理人よりワンポイント!

岩永 裕二さんのFX Professional Trading。相場を本質的に理解できる!最高のトレードテクニック!ってことですがFXに関するあれこれ。 FX(外国為替証拠金取引)をやり始める時に投資方式を選びます。日常生活様式や趣旨、気質もろもろから着目しても向き、不適正の出資方式があるみたいです。例えると性向でみると、我慢出来ず瞬間的にプラスをはじき出したがる気質なのかどうか動じず堅実に出来事を前向きに思考を凝らしていく性質により、無理のない出資スタイルが異なるのです。投資様式は、期間は明白に位置付けされているものではないみたいですが投入にかける日数によって「短い投資」「短くはない投資」「長期間の投資」などのようにざっくり3つに分けることが出来るとの事です。短期投資については1日~1週間くらいの短い期間のみで実施される取引ですから評価益で収益を得ます。1日だけで取引を終えるスタイルのデイトレードや、いっそう短い日程、わずか数秒~数分で売買を施すスキャルピングと称されるものもございます。スキャルピングの元来の定義は「薄く頭の皮を剥ぐ」という事だそうです、こころもち心配ですよね。短期間の投資は利益が小さいから、リバレッジを多めに設定することが頻繁にあるみたいですが、損も高額になりますので気にかける事が重要でしょう。短期間の投資に関してはビジネスの頻度が繁繁になりますので、コミッションがその都度かかってしまいます。それ故手数料が割安なディーラーを選択するやり方が理にかなうとの事です。中期投資において数週間から数か月費やして為す取引になり、評価益で純益を獲得します。ポジションを長い期間有するのと一緒に、スワップポイントも成算があるみたいです。長期間の投資については投資の期間が長い年月の商いで主に重点を置いてスワップポイントにて儲けを獲得します。それにより長期間の投資ではスワップポイントの業績の良いディーラーを選りすぐる方が利点に働くようです。マイナス要因をやり過ごすゆえにgearing、leverageは低くしてみた方が良いとの事です。FXに限定せず、投入に危険性は不可分のものだと感じます。マイナス要因を少なくとも最小限に中和されるように当人にあった様式を選定するようにするのが理にかなうと思索します。

▼いますぐチェック!▼

FX Professional Tradingの公式ページへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ